ichijyoin0805のblog

春季彼岸法要を

今回に限り中止させていただきます


 早春の候 一乘院檀信徒の皆様におかれましてはご清祥のことと存じます。

 さて、毎年恒例の春季彼岸法要の時期が近づいておりますが、世間ではコロナウィルス蔓延の為、学校が休校になり、多人数が集まるイベントが中止になったりしております。

 この様な状況下で、締め切った本堂内で檀信徒の皆様が多数参詣される法要を執り行うことに対して、新型肺炎集団感染の恐れがあると言われれば、言い逃れが出来ない状況であると考えます。

 よって、臨時役員会で協議の結果、大変心苦しい選択ではございますが、今回の春季彼岸法要は中止とさせていただく判断を致しました。

 尚、本堂、位牌堂は通常通りご自由にお参りいただけますが、マスクを着用される等の感染予防を各々心掛けていただきご参詣下さればと存じます。

 また、彼岸の中日の3月20日は本堂にて13時より名誉住職、住職、寺族並びに檀信徒代表の役員のみで、檀信徒各家の先祖供養とコロナウィルス蔓延の早期収束をご祈願させていただきますが、集団感染の恐れを回避するため13時から14時までの1時間は本堂への入堂を禁止とさせていただきます

 この国難ともいうべき状況が一日も早く回復し、皆様の生活に安心を取り戻せるよう、本尊様をはじめとした諸仏諸菩薩に御祈念するのが僧侶の務めだと信じ、日々祈りを捧げていく所存です。

 現時点では、コロナウィルスに対する特効薬等もないとのことですので、体調管理に十分注意をして、この困難な状況を乗り切りましょう。合掌



こんにちは、テラのヨメです。
 
10月9日・10日の2日間
 
一乘院の境内を貸切にして
映画撮影が行われました 

前にブログでお知らせした
(http://ichijyoin0805.livedoor.blog/archives/3598641.html)

梵天山宝珠寺第十八世  平井尊士僧正 を主人公とした
石原ひなた監督の初映画作品『真言アイロニー』です

image



神戸・大阪・東京から
出演者・スタッフ合わせて25名
 
はるか西の彼方・雲仙市南串山町まで
映画のラストシーンの撮影のため
はるばるお越しいただきました



image0 2


image1 2


特にお寺の予定を入れていなかったので
広間・仮本堂・和室・応接室
部屋は全て使ってもらいましたが

機材だけでもハンパな量ではなく

とにかく
映画の撮影って大変だな…と

ヨメの感想はそれだけです



撮影の一週間ほど前は
悪天候
どうしたものか…
と思っておりましたが

平井僧正が
見守ってくれたおかげか

はたまた

監督が
毎日こつこつ積み上げていた徳のおかげか
 
両日ともに
晴天に恵まれました
 

平井僧正の奥さまも
この長崎の撮影のために
同行され

「平井も一緒に長崎に連れてきました」
 


お位牌を持参で来られました


image0


平井僧正が亡くなり
12月で三回忌を迎えます

今回、ヨメは平井僧正の奥さまと初対面…
 
うちの住職と同じ病気だったために
他人事とは全く思えませんでした



撮影に関しては
一乘院はお寺の場所提供だけでしたので

ヨメは通常の寺の雑用をしていたのでしたが…


もうぶっちゃけ、

ヨメは
若いパワーに圧倒されました…
 
というのが本音ですかね


初めて映画の撮影現場を見ましたが

皆さんとても辛抱強く
 
一つのシーンの撮影のために
協力して作品を作る

という感じです

だからこそ

作品が出来上がった時の達成感というのは

ハンパないんでしょうね

何度も何度も何度も
同じ場面の撮影を繰り返し

何度も役者さんは
演じる

二日間
同じことの繰り返しのようでした

 
IMG_9700
          (⇧出演者揃っての記念撮影)


IMG_9695
         (⇧主演・平井尊士役(左) 本物の一乘院の住職(中央) 新村出雅治役(右))
 
映画の主役 「平井尊士」役の川原英之さん
 
そして「新村雅治」役の川本淳市さん

川原さんは本業は役者さんですが
役になりきって
どこから見ても僧侶としか思えません
(こんなお坊さんいる) 

また川本さんは
とても怪しげな風貌ですが…

本物はイケメンでした(笑)

IMG_9688
                   (⇧西島君役(左) うちの住職(右))
また
うちの住職をモデルにした
西島君という
役がありまして

西島君役の杉本民名さん

低姿勢ですごくいい人でした

本物よりイケメンです 


image1
  (↑  平井僧正の奥さま・本物(中央) 平井葵役・小原美玲さん(右))

 
もちろん実在した人物を描いた作品なので

平井僧正の奥さま役もいて

役者さんって撮影に入る前は
話かけてはいけないだろう…

と思い

おとなしくしてたヨメですが

ちょっぴりお友達になりたくて

時々話しかけてみましたが

想像以上に皆さん気さくな方ばかりでした



そして…

スタッフと思いっきり間違えた
T県出身の俳優さん
すみませんでした


事前に
『真言アイロニー』に関する
台本やFacebookやTwitter みてたつもりでしたが

実際の撮影現場をみて

スタッフや俳優さんにお会いして

やっと

「なるほど〜」

とヨメの中でなんとなく納得できました(笑) 




FacebookやTwitter上では

イケイケの今時の青年だった
石原ひなた監督

なんとまだ二十歳の現役の芸大の学生さんです

そうか…
ヨメの息子でもおかしくない年齢かぁ…

でも

今回お会いしてみても

前回お会いしたとき同様に

想像以上にキチンと挨拶が出来る方でした(←これ大事)

若い今時風の監督ですが

沢山のスタッフ
沢山の役者さんをまとめ

一つの作品つくりをしています

正直

映画監督って

人間が好きな人しか
なれない職業だな

と思いました 


IMG_9706
         (⇧石原ひなた監督(左) うちの住職(右))


IMG_9703




平井僧正への思いを胸に
無事に映画が完成されることを
お祈り申し上げます 


そして

天気になって本当に良かった…
                                合掌
  
テラのヨメ